お金と自分

資産運用にやりがいを感じられなくても大丈夫【自然にお金を増やす】

こんにちは。リスク資産200万円以上を運用中の三年坊主です。

 

今回は、資産運用にやりがいを感じられない人の、このような疑問に答えます。

「資産運用にやりがいを感じられない。見よう見まねで色々と投資してみたけど、お金が増えないどころか減っている日もあってがっかりする。これだったら銀行預金で安全にお金を持っていた方がいいのでは?」
 

結論としては、資産運用にやりがいを(無理して)感じられなくても大丈夫です。

 

この記事では、資産運用にやりがいを感じられないあなたも自然に資産運用できる方法を紹介します。よければ参考にしてください。

 

この記事の内容

  • 資産運用のやりがいとは?
  • 資産運用のやりがいを増やすには
  • やりがいを無理に見つけなくても資産運用はできる

 

資産運用のやりがいとは?

資産運用のやりがいは、自分が運用した資産が増えるかどうかに左右されやすいものです。

その理由はもちろん、「資産運用は、自分の資産を増やすことを目的に行う活動だから」です。

 

「そりゃそうだ。資産を減らしたいと思って資産運用する人なんていないよね?」

 

「そうですよね。参考までに、辞書でかんたんに言葉の定義もみておきましょう。」

 

 

資産

個人または法人の所有する金銭・土地・建物などの総称。財産。

資産運用

自分の資産を増やす目的で、貯蓄したり、投資したりすること。また、銀行や投資信託会社などの機関投資家が集めた資金を債券や不動産などに投資すること。

やりがい

そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り。

 

お金が増えるとやりがいを感じ、逆にお金が減るとやりがいを失うという経験。

身銭を切って資産運用をしたことがある人なら、程度の差はあるとしても、誰でも思い当たる節があるはずです。

投資信託の基準価額が上がって嬉しくなったり、FXで投資している通貨が下がってショックを受けたり。

 

このように、「自分が運用した資産が増えるかどうか」は、資産運用のやりがいに少なからず影響を与えます。

 

資産運用のやりがいを増やすには

資産運用のやりがいを増やすには、次の3つのアプローチが考えられます。

  • 「資産運用」に費やす手間を減らす
  • 「資産運用」から得られる価値を増やす
  • 「資産運用」のワクワクを増やす

 

「やりがい」の辞書的な定義を要素に分解して、それを資産運用に当てはめてみましょう。

 

やりがいは「そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り。」という定義でした。

これを「かけた手間に見合う価値を得られるか、それによってワクワクするか」と言い換えてみます。

 

「資産運用」に費やす手間を減らす

資産運用の初心者であれば、まずはロボアドバイザーやインデックスファンドを使った「長期・分散投資」などを検討しましょう。

「何に投資すべきか」を選ぶ手間を減らすことを考えます。

 

 

私は、仮想通貨FXに一時期取り組んでいたことがありましたが、チャートを長時間見て消耗した上に損して終わりました。

仮想通貨FXは「投資」というより「投機」という感じがしますが、よく分からない通貨にお金を投入していた点では(少額です!)、まさに無知だったと感じます。

 

「資産運用」から得られる価値を増やす

資産運用から得られる価値を、「金額を増やす」以外のところに見つけるのもおすすめです。

 

もちろん金額を追いかけるのも大切です。私も、【運用実績】リスク資産(2018年8月12日時点) などで確認しています。

 

他に得ている価値は「知識」です。

 

私も、自分で試して気になった点を調べて勉強していたら、少しずつですが知識がついてきました。

 

「FXでレバレッジ低めでリスク管理をしっかりするにはどうすればいいんだろう?」

 

「昨年申し込んだふるさと納税で、本当に節税できていたんだろうか?」

 

資産運用で「仲間」も得られます。

ブロギル投資部Twitterで情報を発信したり、投資の先輩方から生の投資知識を教わったりしています。

 

「資産運用」のワクワクを増やす

主観的になってしまいますが、「少ない手間で」「多くの価値を得られる」ことが、ワクワクにつながると感じています。

 

このように、資産運用のやりがいを増やすには、次の3つのアプローチが考えられます。

  • 「資産運用」に費やす手間を減らす
  • 「資産運用」から得られる価値を増やす
  • 「資産運用」のワクワクを増やす

 

やりがいを無理に見つけなくても資産運用はできる

上の項目でも触れたように、資産運用から得られる価値として、金額以外に得られる知識や仲間にも目を向けてみると、やりがいが自然に生まれやすくなります

 

その理由は、「資産が増えない→だからやりがいを感じない」という単純な関係が成り立たなくなるからです。

 

私も、金額だけを追い求めていたときは辛さを感じることが多かったのですが、

 

お金が少々減っても問題ないし、得られる知識や仲間はなくならない

 

 

と発想を転換してみると、「やりがいとは!?!?」みたいに力むことがなくなりましたし、資産運用のやりがいや楽しさを自然に見つけやすくなりました。

 

結果として、銀行にお金を眠らせていた時には得られなかったお金が手に入る可能性も高くなるでしょう。

 

「ちなみに「金額」「知識」「仲間」・・・どれにも興味を持てない場合は?」

 

「その場合は、「他にやりたいことをするために月初に◯万円投資する!」のように、 資産運用をあくまで手段と割り切って手を動かすといいかなと思います。」

 

 

すべての人が無理してマネーゲームを楽しむ必要はないと思っています。

無理しすぎずマイペースで、資産運用を続けていきましょう。

 

▼経験の棚卸しで納得のキャリアを▼
▼相場に消耗しない資産運用▼
マネースクエア
Blog Hacksで効率的なブログ運営

「ブログで稼ぐ」に少し興味を持ったものの、どうやったらいいのか途方に暮れていませんか?

自己流で大切な時間を無駄にしたくない方、価値提供でお金を稼ぐ原体験を得たい方はぜひ見てみてください。

Blog Hacksの解説記事を見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください