お金と自分

30代会社員は夫婦でお金とどう向き合うか?

「お金を増やす」ことを目指して、節約や資産運用を実践している人が増えてきている印象があります。
 
私たちのような30代会社員(夫婦)は、どのような立場に置かれていて、どのようなことを意識して行動すればいいのでしょうか。
20代独身会社員・40代など、他の世代の人たちをイメージして比較しながら考えてみたいと思います。
 

夫婦なので独身ではない

 
20代独身会社員だった時代には、生活にほとんどお金がかかりませんでした。
物欲も少なく、実家暮らしだった私は、収入の多くを貯金に回せていました。
 
結婚してから、月々の収入から家賃の支払いや生活費などを引いて、実際に消費・貯蓄・投資に回せるお金は減りました。
 
 
 
金銭的な自由は減りましたが、結婚をして、
お金についても当事者目線で率直に話ができるパートナーができてよかったと感じています。
 
私の知らない情報を妻が見つけてくれたり、逆に私が教えたり、ということもできるようになりました。
おかげで「夫婦2人で協力してお金を増やす」という気持ちも生まれました。
 

夫婦だけど子供がいない

 
これは皆に当てはまることではないかもしれませんが、私たちにはまだ子供がいません。
(ちなみに「子供が欲しい」という気持ちはあります。)
 
子供が産まれると、良くも悪くも子供の世話に多くの時間が割かれると聞きます。
ただ、仮に小さい子供が1,2人いたとしても、金銭的にはそこまで急に出費が増えるということもなさそうです。
 
私たちの場合、金銭的にも精神的にもまだ余裕があるうちに、夫婦でお金の計画を立てておきたいという気持ちがあります。
 

会社での責任がそこまで大きくない

 
社会人になって数年以上が経ち、「新人」とは呼ばれなくなって久しいです。
人によっては役職がついて忙しくなったりするかもしれませんが、私は部署を転々としていることもあって今のところは平社員です。
 
確かに20代ほど気楽ではないかもしれないですが、40代のように会社の将来を背負って重圧に日々押しつぶされそうになるほどではありません
 
 
ただ、部署に所属している期間が長いほど、たとえ役職が付かないとしても、
結果として後輩育成など求められる責任が大きくなってくるという実感はあります。
 
「これからの人生で今が一番若い」とよく言われます。
会社での責任についても「これからの人生で今が一番責任が軽い」ということはないでしょうか。
 
それならば今のうちに、残された時間と気力を活用して、会社以外でもお金を増やしていく仕組みを作りあげたい。
私はそう考えるようになりました。
 
30代も後半になると、私もそう呑気なことを言ってられなくなるのかもしれません。そういう意味で、残された時間は多くないのです。
 

20代後半から身体能力が落ち始めている

 
20代後半になると、特に20代前半で当たり前にできていたことが、徐々にできなくなっているのを感じます。
 
夜更かしすると、次の日に残るダメージが大きくなりました。
一度聞いただけ、読んだだけでは、なかなか覚えられません。
長い時間連続で作業できなくなりました。
 
30代では、力を抜きつつ、いかに要領よく生き抜くかが課題になっていると思います。
 

人生は長い。まだ遅くないから、自分たちと、お金と向き合う時間を作る

 
日本人の平均寿命は年々、少しずつですが延びています。
(本当に「少しずつ」という表現がぴったりです。)
 
 
上でも書きましたが、「これからの人生で今が一番若い」とよく言われます。
 
30代会社員が夫婦でお金を増やすには、残った時間と2人の収入を味方につけることが大切だと感じます。
 
忙しさの中で30代をただ過ごしてしまう前に、自分たちと、お金と向き合う時間を作ってみませんか。
 
▼経験の棚卸しで納得のキャリアを▼
▼相場に消耗しない資産運用▼
マネースクエア
相場の上下予想に消耗していませんか?【トラリピのすすめ】

投資信託や株を買って資産運用をはじめてみたけど・・・経済ニュースのチェックや毎日上下する相場に振り回されて、ちょっと疲れてきていませんか?

自動売買FX「トラリピ」は、最初に設定するだけで、その後は利益の出やすい注文を自動で繰り返してくれるスグレモノ

相場の上下を味方につける「資産運用型FX」なので、相場の上下を予想する「ギャンブル」とは今日でサヨナラ。

忙しい方やFXにはじめて取り組む方こそ、今すぐはじめて、1年後・3年後の資産形成に大きな差をつけましょう。

手軽に使えて自動でコツコツ利益を積み重ねてくれる「トラリピ」について、詳しく解説しています。

トラリピを詳しく見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください