実務に生かすPythonサンプル

Pythonでリストを検索する方法【実務で使える実例も紹介します】

こんにちは。現役Webエンジニアの三年坊主です。

 

今回は、Pythonでリストを検索する方法を知りたい人の、このような疑問に答えます。

 

「Pythonでリストを検索する方法を知りたい。ある要素がリストに含まれているのか、どうやって調べようか。含まれているならどこに含まれているのか?同じ要素が複数回含まれているときの対応法は?」

 

 

この記事では、大学の研究・自分の趣味・業務で合わせて5年以上Pythonを使ってきた経験を生かして、Pythonでリストを検索する方法を紹介します。

 

この記事の内容

  • 要素の検索(in演算子)
  • 要素の検索(indexメソッド)
  • 要素の検索(countメソッド)
  • リストの要素が重複しているとき
  • 実務で使えるリストの検索

 

要素の検索(in演算子)

ある要素がリストに含まれているかどうか知りたいときに、in演算子を使って調べることができます。

演算子 in および not in は、帰属 (membership) を調べます。 x in s の評価は、 x が s の要素であれば True となり、そうでなければ False となります。

6.10.2. 帰属検査演算

 

出力結果

 

 

要素の検索(indexメソッド)

要素のインデックス(リストの何番目の要素か)を知りたいとき、indexメソッドを使って検索することができます。

演算結果
s.index(x[, i[, j]])s 中で x が最初に出現するインデックス (インデックス i 以降からインデックス j までの範囲)

4.6.1. 共通のシーケンス演算

 

出力結果

 

出力結果

 

要素の検索(countメソッド)

リストに含まれる要素の個数を知りたいとき、countメソッドを使うことができます。

演算結果
s.count(x)s 中に x が出現する回数

4.6.1. 共通のシーケンス演算

 

出力結果

 

リストの要素が重複しているとき

リストに同じ値が複数含まれているとき、そのすべてのインデックスを取得するには、組み込み関数のenumerateを使ってインデックスと値のペアを確認しながら、条件に合う要素を取り出します

enumerate(iterable, start=0)

enumerate オブジェクトを返します。 iterable は、シーケンスか iterator か、あるいはイテレーションをサポートするその他のオブジェクトでなければなりません。

(中略)

2. 組み込み関数

 

出力結果

 

 

実務で使えるリストの検索

Pythonでのリスト検索が使われる場面をより具体的にイメージするために、今回説明した「リストの検索」を業務や趣味プログラミングで実際に活用した例をいくつか紹介します

 

システムのステータスに応じて処理を行う(in演算子)

出力結果

 

HTTPレスポンスに必要なフィールドが含まれるか確認する(in演算子)

requestsライブラリでHTTPリクエストを作成して、そのレスポンスに必要なフィールドが含まれるか確認します。

 

出力結果

 

指定したヘッダーがリストの何番目にあるか(indexメソッド)

Pythonでcsvファイルの読み込みで紹介したcsv.readerを使うときなど、指定したヘッダーがリストの何番目にあるか検索しておいて、そのインデックスをあとで使うことができます。

 

出力結果

 

 

Pythonでリストを検索する方法を身につけて、明日から実務で活躍できるエンジニアになりましょう。

 

▼経験の棚卸しで納得のキャリアを▼
▼相場に消耗しない資産運用▼
マネースクエア
Pythonチュートリアル

Pythonをインストール、サンプルを通して使い方を学んだら、次は実際に何か作ってみませんか?

手元のパソコンで環境構築不要・Webブラウザだけで、パッと見た人の印象に残るコンテンツを作る手順を一から説明しています。

チュートリアルを見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください