実務に生かすPythonサンプル

【保存版】PythonでJSONデータのパース・読み込み【サンプルとよくある疑問】

こんにちは。投資エンジニアの三年坊主(@SannenBouzu)です。

今回は、PythonでJSONデータをパース・読み込みしたい人の疑問に答えます。

PythonでJSONデータをパースしたい。必要なデータをPythonの変数に読み込んで次の処理に使いたい。

JSONデータは、ファイルの時とAPIレスポンスの時で何か扱い方は違うの?

この記事では、エンジニアの実務・大学の研究・趣味で、合わせて5年以上Pythonを使ってきた経験を生かして、Pythonで標準モジュールjsonを使ってJSONデータをパース・読み込みする方法を紹介します。

この記事はこんな方におすすめ!

  • PythonでJSONデータをパース・読み込みしたい方
  • 実際にjsonモジュールを使ってみて出てきた疑問を解消したい方

 

Python標準ライブラリjsonでJSONデータをパースする基本操作

標準ライブラリjsonでJSONデータをパースする基本操作を、実際のサンプルコードとあわせて紹介します。

jsonライブラリをインポートした前提で読み進めてください。基本的にはGoogle Colaboratory上で実行して確認しており、コマンド実行時の「!」は除いています。

 

json.loads():JSON文字列を辞書に変換

引数として与えた str を、Pythonのオブジェクトに変換(デコード)します。

Python3.6からはbytes, bytearrayも引数に与えられるようになりました。

s2_2を見ると分かりやすいですが、「\”」の部分が「”」に、「\b」の部分が「\x08」に対応しています。

略語由来語句意味8進数コードエスケープコード
BSBack Space1文字後退\x08\b

参考:ASCIIコードの秘密

 

以下のように、int型やbool型のPythonオブジェクトとしてデコードすることもできます。

 

json.load():JSONファイルを辞書として読み込む

引数にファイルオブジェクトを与えて、JSONファイルから辞書を作成できます。

 

手元にファイルがなく、簡単に試したい時には、StringIOを使ってメモリ上でファイルのように扱えるストリームを用意できます。

 

StringIOオブジェクト活用の一例として、「Pythonの単体テストで簡単なテキストファイルが必要な時に、実際にファイルを用意することなくテストを実行できる」ことが挙げられます。手軽に使えて便利です。

 

Python標準ライブラリjsonに関するFAQ

標準ライブラリjsonを実際に使うにあたって、気になる疑問点をまとめました。

①:Web APIでJSONデータを扱うには?パース・読み込みに差はない

JSONデータ自体の扱い方は、ファイルであってもAPIのレスポンスであっても大きく違いはありません

以下の例では、requestsライブラリを使ってWeb APIから簡単にデータを取得しています。

 

WP REST APIはWordPress4.7以降に含まれている公式のAPIではありますが、上記の例のようにWordPressサイトに関する様々なデータをオンラインで取得することができます。

セキュリティ上不安な方は、ログインしていないユーザからのアクセスを制限することも検討してください(プラグインもあるようです)。

 

②:順序を保ったまま読み込むには?object_pairs_hookにOrderedDictを指定

入力JSON文字列中でのオブジェクト順序を保ったまま読み込むために、object_pairs_hook引数にOrderedDictを指定できます。

Python3.7以前では、通常のdict型では順序が保たれる保証がないので、必ずJSON文字列で指定した順番を保持したい場合には有効な方法です。

 

③:ワンライナーでJSONデータを整形するには?json.toolかjqが便利

「python -m json.tool」(Python2.6以降)または「jq」を使ってJSONデータを整形することができます。

 

④:重複した名前のレコードは?デフォルトでは最後のレコード以外は無視される

JSONオブジェクト中の名前はユニークである必要があります。

ですが、万が一重複した名前を含むJSON文字列をloads()でデコードすると、デフォルトでは最後のレコード以外は無視されます。

 

 

PythonのjsonモジュールでJSONデータのパース・読み込みをして、快適なエンジニア生活を送りましょう。

Pythonでリストを検索する方法【実務で使える実例も紹介します】Pythonでリストを検索する方法。「要素がリストに含まれているかどうか調べる」→in演算子、「要素の位置(何番目)を検索」→indexメソッド、「要素の個数を検索」→countメソッドを使った方法を説明します。実務で使える実例も紹介するので、明日から実務で活躍できるエンジニアを目指しましょう。...
▼経験の棚卸しで納得のキャリアを▼
▼相場に消耗しない資産運用▼
マネースクエア
Pythonチュートリアル

Pythonをインストール、サンプルを通して使い方を学んだら、次は実際に何か作ってみませんか?

手元のパソコンで環境構築不要・Webブラウザだけで、パッと見た人の印象に残るコンテンツを作る手順を一から説明しています。

チュートリアルを見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください